保育園について

神楽保育会の保育基本目標には、「家庭的な雰囲気の中で心も体も健康な子どもを育てよう」という創立者の言葉が掲げられています。

幼児期における「遊びの重要性」は、”体“、”社会性“、”知覚“のそれぞれの基礎が多種多様な遊びのなかで育つところに
大きな意義があります。

< からだを育てよう >
・体を知る ・鍛える ・基礎体力(敏捷性、柔軟性、瞬発力、平衡性、筋力)を身につける
< 社会性を育てよう >
・協調性 ・自主性 ・責任感 ・仲間づくり ・役割の理解 ・ルールの理解 ・競争力 ・コミュニケーション力
< 知覚を育てよう >
・認知、理解力 ・集中力 ・創造力 ・想像力 ・好奇心 ・意欲

以上のような観点から、もっと日常化した中で体育・運動あそびを通して健康・体力の問題に積極的に取り組むために、神戸保育園は、保育の中に専門家の指導のもと「幼児体育」を平成6(1994)年に導入し、今日を迎えています。(月2日、幼児クラス)

各期の指導計画目標は、
・第1学期 運動・体育遊びの楽しさを身につける
・第2学期 基礎体力養成を基盤にプログラムを作成する
・第3学期 運動能力を養成し、実践する
※各期に体力測定、運動能力を実施し、その効果を図る。

保育理念

神戸保育園は、献身的保育活動にあたって神戸婦人奉公会を前身とし、創立者の一人である生江孝之は、
児童は、「立派に生んでもらう」、「立派に養育してもらう」、「立派に教育してもらう」権利があり、その権利を保障しての使命があるとの理念をもち、児童福祉の実践を行いました。

児童は一個の人格として厳然たる姿勢を持つものである。

児童は、「国の児童」「社会の児童」である。よって、児童を健全に保育することは社会の義務である。

児童の幸福は、家庭を中心に行わなければならない。
家庭が団結し、親子が隔離しないよう家庭生活の改善向上を
図ること。


保育方針

園に来ている子どもたち、そして、地域の子育て家庭に貢献することを使命に
保育を行います。

「個人個人を大切に」

子どもの最善の利益を常に考え、保育を行う。

子ども一人ひとりの個性を大切にする。

保護者の一人ひとりの考えを傾聴し、尊重する。

子どもの一人ひとりのよいところを伸ばす手助けをする。

「子どもの問題は家庭の問題であり、子どもをとりまく家庭を受け入れる」

子どもの問題は家庭の状況と切り離せない、何か問題がある場合は、
まず、家庭の様子を把握し、最善の援助を保護者とともに考える

常に、保護者との情報交換、信頼関係を育むことを心がける。

「家庭の団結が子どもの幸福である」

家庭生活の改善向上を図る。

子育てのプロとして、子どもの発達過程に応じた適切な
アドバイスを行う。


保育目標

家庭的な雰囲気の中で、心も体も健康に育てよう

やさしい心をもち、友だちと力をあわせることができる子どもを育てよう

よいこと、わるいこと判断し、物事をしっかりと考えられる子どもを育てよう





  • 保育内容
  • 保育園紹介
  • 保育について